斎武商店

さいぶのひじき

房総ひじき

房総ひじきとは?

さいぶのひじきは房総産100%ふっくらやわらか、自慢は鮮度!! -海水したたるぷりぷりの採れたてえを加工

齊武商店社長

▲齊武商店社長「自信を持ってお届けします」

房総ひじきとは?─ 香りと食感が抜群のひじき

温暖な気候に恵まれた房総半島。南端の岩礁地帯は栄養たっぷりのひじきの宝庫。きれいな海で黒潮に洗われて生育する房総ひじきは茎が太く長くしっかりと育ちます。 毎年、3月はじめの大潮は新ひじきの収穫時期。潮が引いた岩場にびっしり生えたひじきは、手に手に鎌を持って集まった浜の人達によって刈り取られます。さいぶは、その刈り取ったひじきをすぐさま「蒸し煮」にし、新鮮さを閉じこめるために乾燥します。水に戻した時のふっくらとした柔らかさ、舌にはじける食感、こくのあるおいしさの秘密はこうして鮮度を追いかけて造る、独自の製法にあります。

受け継いできた伝統の製法を守り、皆様が健康であることを願いながら、安心・安全な製品作りに努めてまいりました。お陰様で「さいぶのひじき」として全国の皆様からご好評・ご愛顧をいただいております。ここにあらためて、斎武商店一同、心から厚く感謝を申し上げます。

房総ひじき